知っておきたいキャッシングの基礎知識

キャッシングをする、それはお金を借り入れることです。
簡単に言えば借金になります。
そのためのルールがあることを知っておかなくてはなりません。

 

キャッシング即日借りるには一般的に、消費者金融からの借り入れ、銀行カードローンの融資、クレジットカードのキャッシング枠があります。
それぞれには決められた法律があり、それは業者側だけではなく私たち利用者も知っておかなければならないものも少なくはありません。
その理由は過去にあります。

 

消費者金融がサラ金、街金、高利貸しなどと呼ばれていたころのことです。
さほど昔のことでもありません。
私たち利用者は消費者金融で借り入れをすることの知識を蓄えてはいませんでした。
消費者金融は法律で決められた以上の金利を利用者から利息として集めていました。
いわゆるグレーゾーン金利です。

 

出資法と利息制限法を利用者が理解していなかったためのことでもあり、そもそもは法整備がなされていなかったことも原因の一つです。
本来決められた上限金利は20.0%でありながら、それ以上の金利で消費者金融が刑事罰が科せられる29.2%までのぎりぎりの間を金利として設定していました。
なぜならばその20.0%〜29.2%までの利息制限法以上出資法以下の金利は「任意性書面性がある場合に有効」とされていたからです。
書面性は契約書のことであり、任意性とはその契約書に同意をしたということ。
つまり利用者が出資法と利息制限法を理解しておりその金利にまったをかけることができれば防げたものです。
ところが消費者金融とはそういうもの、高利貸しと言われているほどです、そんなイメージがあったのでしょう。

 

キャッシングに法律は必ず付いて回ります。
覚えておかなければならない知識を持ってキャッシングを安全に利用しましょう。

結論として、初めての方が一番借りやすい消費者金融は?

大手である、銀行傘下、無利息サービスなどなど初めての方が一番借りやすい消費者金融としての条件をいろいろと挙げてみましたが、結局のところ初めての方が一番借りやすい消費者金融というのは具体的にどこになるのでしょうか。

 

大手の消費者金融と言うと、プロミス、アコム、モビット、アイフル、レイク、ノーローンなどが挙げられますが、なかでもさまざまな条件を満たしているのはプロミスではないでしょうか。

 

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)はSMFGグループに属する誰もが知る大手の消費者金融であり安心して借りることができますし、金利は他社と比較すると気持ち程度しか低くはありませんがなにしろ30日間無利息サービス(※詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。)をずっと行ってきています。

 

インターネット申し込みもパソコンだけでなくスマートフォンやケータイでも手軽に可能であり、ほんとうにスマートフォン1台あればどこにいても手続きができてしまいます。

 

審査も最短30分とスピーディーで即日融資にももちろん対応しており、レディースキャッシングのサービスがありますから女性ユーザーに対しても利用しやすいようになっています。また、なんといっても初めて利用するにあたって電話対応などオペレーターの対応が丁寧で親切であるという点が心強いですよね。

 

アコムも同じく大手で審査通過率も高く、プロミスと同等のサービス内容を受けることができます。ただ、無利息サービスが期間限定のキャンペーンでしか行われていないのと、レディースキャッシングがないという点はプロミスの方がポイントが高いかもしれません。

 

この2社は口コミも大変多く、利用者がそれだけ多いということを物語っています。口コミのなかには悪い口コミもありますし、感じ方は人それぞれなので確実に利用しやすいかどうかというのは言い切れないですが、他社と比較して借りやすい可能性が高いことは確かです。